「勃起」とは、“性的興奮や刺激によってペニスが硬くなり勃つ”こと

EDなどの勃起不全で悩む男性は特に中高年に多いものです。

「若い頃のようにギンギンに勃たせたい」という気持ちに反して、男性器は反応を示さず中折れなんてことも。

こうした男の悩みに真っ向から立ち向かうためにもまずは「勃起(ぼっき)」について今一度正しく知ることから始めましょう。

 

男性が“勃起する”仕組み

「勃起」とは、“性的興奮や刺激によってペニスが硬くなり勃つ”こと。

一言で説明すると単純ですが、勃起の種類は大きく2つに分かれます。

勃起の種類

「中枢性勃起(ちゅうすうせいぼっき)」

これは性的想像などの“心理面の刺激”によって勃起することを言います。

女性の裸やエッチな妄想など、性に関するイメージを抱くことで起こります。

頭の中のそのイメージは大脳皮質から脊髄の「勃起中枢」へと伝わり刺激されることで、海綿体に血液が入り込み男性器が勃起状態になります。

 

威哥王 個人輸入代行

「反射性勃起(はんしゃせいぼっき)」

対してこちらは“物理的な刺激”によって勃起することを言います。

自慰行為(オナニー)や異性に触られる・舐められるなどされると、脊髄の「勃起中枢」が刺激されることで海綿体に血液が入り勃起します。

 

最終的に男性器(ペニス)がたつ仕組みは“海綿体に血液が入ることで起こる”という意味では同じですが、入り口の刺激によって名称が違ってきます。

 

勃起に必要な体内物質

男性が勃起する際にとても重要な役割を果たすのが「サイクリックGMP」。

「サイクリックGMP」が増加すると、海綿体の血管が拡がって血液がたくさん入りやすくなります。

この物質は海綿体の中で“一酸化窒素”が出てくると増えます。

「サイクリックGMP」が増えるほど海綿体に血液が流れ込んできて男性器が大きくなるというわけです。

 

勃起し続けられる理由

海綿体に血液が入ったぶん全部出ていってしまっては「勃起した状態」を維持することができません。

実は血液の流入がMAXの状態になると、静脈が圧迫されて“海綿体に入った血液が出て行かない”ようになります。

勃起した状態で血の流れが止まるイメージです。

“動脈から海綿体に入った血液が静脈に流れずストップする”ことで勃起状態が保たれています。

 

勃起を収縮させる交感神経

“たちっぱなし”の状態にならないよう射精が済むと神経が切り替わります。

勃起している時は意外にも落ち着きの「副交感神経」が有利に(強く)働いています。

それが「交感神経」に切り替わることで夢中だった興奮が一気に下がり、脳から信号が送られないことで勃起に関わっていた器官は停止。

こうして、興奮している限り勃起し続けていたペニスはおさまり、一連の流れは終了します。

 

「勃起の仕組み」まとめ

男性が性的興奮や刺激を受けてから勃起し、勃起がおさまるまでのメカニズムを見てきました。

仕組みを言葉にすると難しくなってしまいますが、大事なポイントは5つ。

黒蟻王は激安通販で購入

  • 性的なイメージや興奮を感じる「大脳皮質」
  • 大脳皮質で感じた刺激を各器官に伝える「神経」
  • 血管と連動しペニス勃起のメインシステムとなる「海綿体」
  • 海綿体の血の流れをコントロールする「血管」
  • 勃起状態を停止させる「交感神経」

こうした体の各器官の働きによって「頭で思い描いたイメージ」や「ペニスへの刺激」から“勃起状態”を作っています。

勃起の仕組みがわかることは、EDや中折などに悩む男性にとっても有意義です。

「性的な興奮がどのように勃起につながっているか?」男性なら一度想像してみるとわかりやすいかもしれません。

男性機能の正しい知識のひとつとしてぜひ覚えておきましょう。

 

ED(勃起不全)は年を取るとなってしまう病気だから、治療して

みなさんの中で、「ED(勃起不全)は年を取るとなってしまう病気だから、治療しても意味がない」と考えている方がいるのではないでしょうか。確かに、年齢が原因のED(勃起不全)はありますが、適切に治療を行えば十分に機能は回復します。今回はED(勃起不全)の仕組みについて触れた後、その治療方法について学んでいきます。

 

osu

 

1)正常な勃起のメカニズム

 

%e8%8a%b1%e5%9f%8e4

 

ED(勃起不全)について学ぶ前に、まずは正常な勃起のメカニズムについて触れておいた方が分かりやすいです。通常、性的興奮が脳に伝わると、脳から信号が送られます。この信号は神経を伝わって陰茎に伝わります。黒蟻王ジェネリック通販【最安値・送料無料】はコチラから

 

陰茎でこの信号が受け取られると、陰茎の血管に二つの変化が起き、血液量が増えることで勃起します。1つの変化は動脈が広がって、陰茎に流れ込んでくる血液量が増えることです。2つ目の変化は静脈が狭くなって陰茎から流れ出ていく血液量が減ることです。こうして、血液は入って来やすく、抜けにくい状態を作ることで血液量が増し、勃起するのです。

 

①神経が信号を伝え、②陰茎の血管に変化が起きる、この二段構えになっていることを押さえてくださいね。

 

2)ED(勃起不全)の原因と解決策

さて、上の章で正常な勃起のメカニズムを見てきましたから、この章ではそれを踏まえてED(勃起不全)の原因を説明していきます。正常な勃起は①神経、②血管の作用によって成り立っているのでしたね。ですからED(勃起不全)の原因は、このどちらか、あるいは両方がやられてしまっていることが挙げられます。以下に例を挙げて解説していきながら、それぞれのEDの改善法について解説していきます。

 

心理的要因

%e4%b8%ad%e5%b3%b63

心理的要因とは、精神的な問題が原因となってEDになってしまうことを言います。EDの原因には加齢によるものや他の病気やけ怪我が原因となるものがあり、これらは年齢に比例して患者が増えます。しかしこれらとは対照的に、心理的要因によるEDはどの年代でも幅広くみられるのが特徴です。若い人でも年配の方でも、仕事のことでも家族のことでも、様々なことが心に負担をかけるとEDになってしまうのです。精神的な問題と言っても多種多様なものがありますが、例えば、①仕事、②人間関係(特に女性関係)、③過去の性的なトラウマなどが挙げられます。

 

仕事がうまくいかないとき、それがストレスとなって性欲が抑えられEDになってしまうことがあります。また、人間関係によるストレスも同様にEDの原因となります。ただ、③の性的なトラウマだけは少し異なり、性欲はあり自慰では勃起もするのに、いざ本番となると立たなくなってしまうのです。昔女性に性交のことで馬鹿にされたことがあったり、あるいは幼少期に性的虐待を受けたりすると、それがトラウマになることがあります。こういったトラウマにより、性欲はあるのにいざ本番となるとうまくいかないという症状が作り出されてしまうのです。威哥王 通販

 

%e8%8a%b1%e5%9f%8e1
さて、心理的要因によって起こるEDの改善法は、ずばり心理的要因を取り除くことが一番です。もし、仕事が最近忙しくてそれがストレスとなりEDとなってしまったのであれば、仕事がひと段落して落ち着いたら改善するでしょう。もし過去の女性経験がトラウマとなりそれが原因となっている場合は、カウンセリングを受けたり、自分のことを大いに受容してくれる素敵な女性と出会うことで改善するでしょう。このように、心理的要因によるEDは、そもそもの原因が神経や血管がやられているわけではなく、精神的な問題が原因となっているので、それらが解決すれば自然とまた正常に勃起できるものなのです。何かとストレスのかかる社会ですが、自分の心を落ち着かせることができれば必ずEDは改善します。

 

◆加齢によるもの
加齢によるEDの減退には2種類あります。一つ目は性欲自体の減退二つ目は動脈硬化によるものです。まず、性欲の減退についてです。年を取ると、やはりどうしても若いころに比べれば性欲は衰えてしまいます。すると、同じ性的刺激を受けたとしても、若いころは十分に勃起することができたのに、年を取ると十分に勃起できなかったり、勃起しても持続時間が短くなってしまいます。

 

このように、性欲自体が減少することでもEDになってしまうのです。続いて二つ目の動脈硬化によるものです。動脈硬化とは、動脈にコレステロールを主成分とする塊が血管の壁に貼りついて、動脈が狭く硬くなってしまう病気のことです。ところで、正常な勃起のメカニズムの章で、「陰茎の動脈が広くなって血液がたくさん流れ込むことによって勃起する」と学びました。

 

つまり、動脈硬化によって動脈が狭く硬くなるのは、動脈が広くなる勃起の作用とちょうど反対のことなのです。狭く硬くなってしまった動脈は、そう簡単には広くなりません。こうして血液がたくさん流れ込まなくなり、正常に勃起することができません。また、動脈硬化はEDの原因にもなりますが、脳卒中心筋梗塞などの恐ろしい病気の原因にもなります。ですから、規則正しい生活やバランスとれた食事、適度な運動など生活習慣を改善して動脈硬化を防ぐことが、EDだけでなく様々な病気を防ぐことにつながるでしょう。